あえて「墓石」を建てないという選択肢もあると思います。

というのも、墓石はただ建てればそれで終わりという訳には行きません。

建てた後も、手入れや掃除をする必要が有りますし、自分がこの世を去った後も子孫が面倒をみなければいけません。

つまり、墓石を建てるということは、その後の未来のことも考慮する必要があるのです。

近年、日本の過程は核家族化・少子化が休息に広がっていることも有り、先祖代々のお墓が継承できないというケースも増えてきているようです。

アナタのお墓、アナタが亡くなった後も面倒を見てくれる人がいますか?も継承者に不安があるということであれば…、墓石を建てないという選択肢もあるはずです。

墓石を建てないと言っても、お墓自体がないというわけではありません。

共同墓という、血縁に関係ない者同士を一緒に埋葬するお墓があります。

共同墓は元々は、身寄りのいない無縁の高齢者等のためのお墓でしたが、近年では、継承者のいない人も安心して利用できるお墓として人気が高まっています。

お子さんがいる方でも、子どもたちにお墓のことで面倒を掛けたくないということで、あえて墓石ではなく共同墓を選択される方も増えているようです。

お墓=墓石と思うのは、今ではただの固定概念なのかもしれません。

お墓の問題は自分一人の問題ではありません。

お墓のことを検討する場合には、これからのこと、継承者のことも考えながら、最善の選択をするように心がけましょうね…。

気になる記事⇒「樹林墓地」人気の背景は – NHK 特集まるごと