千葉で葬儀するとき、読経時間はやはり宗派で異なる?

読経時間の長短は、千葉などの地域による違いも、宗派による違いもなくなっています。

会葬者全員が焼香を終えるとそのタイミングで終了するのが常です。

●一般葬や家族葬での読経時間は長い?

たとえば一般的な通夜では、僧侶が祭壇の前に座って読経を行ないます。

会葬者はその間に、順次焼香をすませます。

千葉ということではなく、このときの僧侶の読経時間は20~30分程度です(一日葬・家族葬・一般葬)。

告別式でも同様ですが、読経時間は少し長めになって40~60分程度。

その後、初七日法要の読経もあります。

葬儀会館や寺でも、最近では正座ではなく椅子が用意されています。

●今どきの初七日と読経時間のあり方は?

初七日は本来、亡くなった日の翌日から起算して7日後に行うのが儀式のあり方でしたが、葬儀後に改めて集まることが困難な今日では、告別式と初七日を同日に行われるのが通例となりました。

そのため読経は少し長めになります。

宗派によって読経時間に若干の差はありますが、会葬者の数にあわせて調整しているので、無為に長くなることはありません。

●読経時間が宗派によって異なったり、千葉などの地域別で異なったりすることはありません。

会葬者の数で調整されています。

葬儀のスタイルも時代に合わせて変化しています。

同様に読経の時間も昔のように長くはありません。

千葉などの地域による差もなくなり、会葬者の数によって長さを調整。

焼香の列が終わるのを待って読経も終わります。

宗派も関係なくそうなっています。