墓石を建てるには…、そもそも墓地が必要になります。

墓石と墓地は必ずセットになるものですから、検討する際は、必ず両者を一緒に考慮することが大切です。

一口に「墓地」と言っても、実はいくつか分類があるのをご存知でしょうか?一般的に、墓地には公営墓地、民営墓地、寺院墓地の三種類があります。

公営墓地とは、その名の通り都道府県や市町村が管理・運営する墓地です。

場合によっては運営は財団法人等が代行しているケースも有るようです。

永代使用料や管理費が安いのが人気のポイントで、また、宗旨や宗派を問われること無く、誰もが利用できます。

但し、申し込みには様々な条件があるのと、人気が高くいつでも申し込みできるわけではない点がネックになります。

民営墓地とは、こちらもその名の通り民間の公益法人や、宗教法人などが管理・運営している墓地のことです。

公営墓地同様に、宗旨や宗派を問わず、比較的いつでも申し込み可能なのが魅力です。

但し、公営墓地に比べると永代使用料は割高なケースが多く、また、墓石の設置に関しても業者が限定されていることが多いようです。

そして最後に寺院墓地ですが、これもその名の通りお寺が管理・運営する墓地です。

ある意味、日本では最も伝統的なお墓の形態といえるかと思います。

最大の特徴は寺院の敷地内にある点で、日頃の管理も行き届いていますし、何より法事などの際には何かと手間が省けるのが大きな魅力です。

但し、寺院墓地に申し込むにはそのお寺の檀家になることが前提になるので、宗旨や宗派は限定されることになるので、その点は注意が必要です。