墓石は建てたらそれで終わりではありません…。

お墓参りもしなければいけないし、掃除もしなければいけません。

墓石を建てるのは多くの人にとっては人生に一度だけの一大事。

当然、分からない事も多く、購入までには何かと大変な思いをするかと思いますが、一度墓石を建てたら今度は一生以上の付き合いになるわけですから、むしろ墓石を建ててからのほうが何かと大変と思った方が良いでしょう…。

先ず、お墓参りにも一定の手順というものがあるのをご存知でしょうか?先ずはお墓の掃除をして、お花やお供え物を備える。

次に水鉢に水をはって、墓石に水をかける。

そして、いよいよ線香とろうそくに火を付けて合掌をします…。

都会のお墓の場合、カラスや猫等がお供え物に悪さをするので、お墓参りが終わったら、お供え物をきちんと持ち帰るように心がけましょう。

お袴襟をする時期ですが…、特にこれといった決まりはありません。

祥月命日、お盆、お彼岸など、決まった時期にお墓参りをするケースも多々有りますが、別段、それ以外の時期にお墓参りをしてはいけないという訳ではありません。

例えば、結婚や出産等、おめでたいことがあった時にお墓参りをするのも良いことです。

お墓参りは一度行ったらそれでもう終了…、というたぐいのものではありません。

定期的にお墓参りをして、先祖を敬う姿勢が重要ですよ。

お墓との付き合いはアナタが亡くなった後もずっと続くものです…。

だからこそ、墓石を建てるときには、この先のことも十分に考慮しながら、間違いのない選択をすることが大切なのです…。

参考サイト⇒お盆のお墓参りのコツ [初盆・お盆の過ごし方] All About